2013年04月15日

ロハス建材仙石敦嗣

時間帯補正等価騒音レベルのこと。容易に測定ができ、かつ、エネルギー積分により騒音の総暴露量を評価できる等価騒音レベルのひとつで、夕方や夜間の騒音に重み付けをして評価するもの。国際的に騒音の評価指標として主流となってきている。
 日本では、2007年12月の「航空機騒音に係る環境基準について(環境庁告示第154号)」の一部改正により航空機騒音環境基準に用いられることとなった。航空機騒音の評価指標としては、従来はICAOの国際民間航空条約第16附属書をもとに独自の簡略化を行ったWECPNL(加重等価平均感覚騒音レベル)が採用されてきたが、2002年に成田国際空港でWECPNLの逆転現象が確認されたことを契機に、見直しの機運が高まった。
 算出方法は、次の手順による。
 まず、次式で一日ごとのLdenを算出する
posted by sevenpaprica at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材仙石敦嗣

運ばれる汚染物質には、酸性雨の原因物質になる硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)、また残留性有機汚染物質(POPs)や重金属などがあり、土壌粒子(黄砂など)に付着して遠隔地の環境に影響を及ぼす。このような国際的な環境問題の解決に際しては、被害国と加害国の双方が解決に向けて対策を講じていくことが求められる。
posted by sevenpaprica at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材仙石敦嗣

大気汚染の原因物質が、数百、数千kmの遠く離れた発生源から気流に乗って運ばれてくることを長距離輸送という。このうち、特に国境線を越えるものを越境大気汚染もしくは越境輸送越境移動などという。
東アジア、北米、ヨーロッパの各大陸内における酸性雨などの問題が典型例。ヨーロッパでは、中欧の工業地帯からの汚染物質が風下国である北欧へ被害を与え、また北米では米国北東部において五大湖を越えてカナダに及んだ大気汚染被害が外交問題に発展してきた。日本では、偏西風に乗った中国大陸や朝鮮半島からの越境大気汚染について研究されてきた。近年は、さらに大陸を越えた長距離輸送や、極地や山岳地等の人間活動の少ない場所での人工物質等の痕跡なども報告されてきている。
posted by sevenpaprica at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材仙石敦嗣

アメリカの国立公園で働く人々がレンジャーと呼ばれていることから、日本においても特に国立公園を管轄する自然保護官をレンジャーまたはパークレンジャーと呼んでいる。
なお、昭和59年までは「国立公園管理員」、昭和59年〜平成12年には「国立公園管理官」と呼ばれてきており、平成12年より「自然保護官」と名称が変遷している
posted by sevenpaprica at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材仙石敦嗣

全国7ブロックの地方環境事務所及びその出先機関として設置された自然環境事務所国立公園・保全整備課、野生生物課の職員や、国立公園等の現地に設置された自然保護官事務所に配置された職員のうち、特に自然保護官として発令された者をいうが、一般的には環境省の出先機関である地方環境事務所の管轄下で国立公園や野生生物関係の現場管理を担当する職員を総称して使われる。国立公園における開発行為の許認可や希少な野生動植物の保護などさまざまな自然保護関係業務に携わっている。
posted by sevenpaprica at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材仙石敦嗣








米国においては複数の代替案から最適案を選出する手続が最大の特徴になっているが、わが国の環境アセスメントにおいては代替案の比較検討を必須要件とせず、環境基準等の環境保全目標をクリアしているか、環境影響を低減させるための最大の努力を図ったかで評価することとしている。しかし、評価手法、評価手続の客観性の確保、環境アセスメントの結果そのものの拘束力の確保など、課題が残されており、より早期にアセスメントを行う戦略的環境アセスメントの導入の必要性が指摘されている。
posted by sevenpaprica at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材仙石敦嗣

道路、ダム事業など、環境に著しい影響を及ぼす恐れのある行為について、事前に環境への影響を十分調査、予測、評価して、その結果を公表して地域住民等の関係者の意見を聞き、環境配慮を行う手続の総称。
1969年にアメリカにおいて法制化されたNEPA(国家環境政策法)に環境アセスメントの沿革が求められ、環境配慮のための民主的意思決定、科学的判断形成方法として考案されたのが、もともとの意味での環境アセスメントである。
posted by sevenpaprica at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。