2013年04月26日

ロハス建材 仙石敦嗣

庫内
    ・ものを詰め込み過ぎないようにしましょう。
     ずっと前に食べ残した食品・食材が奥の方で眠っていませんか?
     「とりあえず保存」は結局食べずに捨てられる事が多いようです。

    ・常温で保存できるものを冷蔵庫に入れていませんか?
     缶詰・ビン詰や調味料は、未開封なら冷蔵庫内へ入れないようにしましょう。

    ・庫内の整理整頓を心掛けましょう。
     どこに何があるのか分からず、探すのに時間が掛かっていませんか?
     出し入れしやすいように工夫しましょう。
posted by sevenpaprica at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材 仙石敦嗣

購入
    ・ご家族の人数や用途に合わせて選び、
     設置場所の寸法などもあらかじめ確認しておきましょう。

    「設置
    ・壁から離して正しく設置しましょう。
     冷蔵庫が一日に使うエネルギーのうち約
1 / 4 は、
     設置の無駄によって出るエネルギーと言われています。

     後ろに 10 cm以上、左右に 2 cm以上、上に
5
cm以上、
     壁から離して設置しましょう。

     こうするだけで余分な熱が逃げ、効率良く冷却する事ができ、
     無駄なエネルギーロスがなくなり、電気代の節約につながります
posted by sevenpaprica at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材


    「落し蓋」
    ・落し蓋をしましょう。
     煮物などの料理をする時は、落し蓋をした方が、
     味のしみ込みも早くガス代の節約になります。
     美味しく作れてガス代の節約にもなり一石二鳥です。
posted by sevenpaprica at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材

バーナーの目詰まり
    ・ガスコンロなどの調理器具には、炎の出口として「バーナー」があります。
     バーナーは目詰まりしないようにこまめに掃除をしましょう。
     目詰まりをしていると、炎力が弱まり熱効率が悪くなるので
     余分にガス代が掛かります。
     こまめな掃除を心掛けましょう。
posted by sevenpaprica at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材

 「点火のタイミング・余熱
    ・コンロの点火のタイミングは、鍋ややかんを乗せてからにしましょう。
     また、調理をする時は、2
〜 3
のガスコンロを同時に使うより、
     一つのコンロを連続して使った方が、前の調理の余熱が残っているので、
     ガス代の節約になります。
posted by sevenpaprica at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。