2013年06月27日

ロハス建材   評判   口コミ

固体または液体の微粒子が、気体中に比較的安定して浮遊し存在している状態をエアロゾルという。
大気中のエアロゾルには、海水の飛沫からなる海塩粒子や土壌粒子のような自然起源のものから、石炭燃焼で生じるフライアッシュなどの人為起源の一次粒子がある。さらに、SO2が硫酸となって水と結合したもの、硫酸や硝酸がアンモニアと反応したもの、炭化水素が大気中で酸化されて酸になったもの(光化学エアロゾル)など、大気中で生成される二次粒子と呼ばれるものもある
posted by sevenpaprica at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材   手抜きなし

雨、霧や雪など大気中にさまざまな形で存在する凝結態の水分を媒体にして、大気汚染物質等が地表に降下する現象をいう。また、このようにして沈着した大気汚染物質を湿性降下物という。酸性雨と同義とされることも多い。
霧や雨、雲が生じると、水滴の中にガスや粒子状の物質が溶け込み、硝酸イオン(NO3-)、硫酸イオン((SO4)2-)、アンモニウムイオン(NH4+)などとして取り込まれ、地表に降り注いだり、浮遊して岩石や地表面、植物体などに結露し、さまざまな影響を及ぼす
posted by sevenpaprica at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材   八王子

酸性の霧のことで、広義の酸性雨に含まれる。
石炭や石油などの化石燃料の燃焼によって、SOxやNOxが発生する。これが、大気中で硫酸イオン、硝酸イオンに変化して取り込まれ、pHが5.6以下の酸性を示した雨や霧、雪を、それぞれ(狭義の)酸性雨、酸性霧、酸性雪といい、総称して湿性沈着という。
酸性霧は、酸性雨より約10倍酸性度が強く、直接植物体へ影響を及ぼすなど、(狭義の)酸性雨以上に甚大な影響を及ぼすと指摘されている。
霧は一個の粒子が小さくpHが低いため、植物の葉、枝、幹などへ与える影響が大きい。北アメリカにおいては、ミッチェル山のトウヒやモミの衰退は酸性霧が原因といわれている。日本でも酸性霧による森林衰退が疑われているところもある。
posted by sevenpaprica at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。