2013年09月05日

防災アイテムは準備をしておかなければなりません

非常袋というのは、滅多に使うものではありませんので、あまり考えずに用意をしてしまうことが多いです。
しかし実際に被災をすると、この非常袋というのが避難所生活で困るか困らないかの明暗を分けることにもなるのです。
自宅で被災後に生活をする場合も、ないと不便に感じるアイテムがいくつかあります。
水や食料品、カセットコンロ、ボンベ、懐中電灯、電池式の携帯電話充電器、持病の薬、その他の日用品は、いつでも揃えておくようにしましょう。
災害はいつ起こるか分かりませんので、いつ起こっても大丈夫なように、防災アイテムは準備をしておかなければなりません。
posted by sevenpaprica at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材

最低限の着替えや持病の薬、飲料水、食料、電池、タオル、衛生グッズなど、生活に必要とされるものを1つの袋にまとめておき、いつでも持ち出せるように準備をしておく必要があります。
出来るなら、この非常袋を家族の人数分用意しておくことを勧めます。
乳幼児や高齢者の方がおられるご家庭は、さらに必要なものもあると思いますので、追加をして必要なものを袋に入れておいて下さい。
すぐに避難できるように非常袋を準備しておくことで、ゲリラ豪雨などの自然災害が起こっても、慌てずに行動をすることが出来るでしょう
posted by sevenpaprica at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。