2013年11月28日

ロハス建材     仙石敦嗣

汚染物質を含んだ雨が地上に降り注ぐと、その雨は当然土に染み込んでいきます。
そして土は渇いても、汚染物資は土の中に残留してしまいます。
そのような土では健康的な野菜や果物が育ちにくく、枯れてしまうこともあります。
空気や土が汚染されていくと、自然が本来のサイクルやバランスで機能することが難しくなってきます。 以上のように、酸性雨が孕む危険性は非常に大きなものなのです
posted by sevenpaprica at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材     仙石敦嗣

大気は目に見えないため、普段から意識することは少ないでしょう。
それゆえに、大切にしなければならないものだと知識の上では分かっていても、大気汚染と言う形で汚染してしまい、本来好影響ばかりであるはずの大気が、悪影響ばかりのものに変化してしまいつつあります。
大気汚染は、人為的に発生した汚染物質によって引き起こされます。
その影響の一つとして、「酸性雨」があげられます。
窒素酸化物や硫黄酸化物といった酸性の有害物質が空気中に浮遊しているため、雨が降ると雨粒にそれらが溶け込んで酸性になってしまうのです。
posted by sevenpaprica at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材

近年アスベストの健康被害について取りざたされていますが、私達が使っている身の回りの物にもたくさんのアスベストが使われていたそうです。
使われていた理由は耐久性が有ると言う事だったそうです。
耐久性だけじゃなく耐熱性、耐摩擦性等色んな特性が有ったアスベストは、健康被害が出る程の有害性が指摘される前まで色んな所で使われていました。
posted by sevenpaprica at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。