2014年01月17日

COP7では

COP7では、京都メカニズム参加資格が停止される場合の具体的基準について合意。遵守制度に関しては、遵守委員会を設け、その中に促進部と履行強制部を設置することや両部の機能、構成、削減義務の不遵守に対する具体的な措置を定めるなど遵守制度の基本的な枠組みが合意された。
posted by sevenpaprica at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロハス建材

京都議定書の締約国が、約束した削減目標をきちんと守るようにし、約束期間の末に削減数値目標が達成できなかった場合、すなわち不履行の場合、その国に対して何らかの制裁措置を与えるよう京都議定書第18条で定められた仕組みであるが、具体的な運用制度についてはそれから以降の検討に委ねられた
posted by sevenpaprica at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

大気環境基準は二酸化窒素について

そこで、健康影響を考慮した大気環境基準は二酸化窒素について定められているが、排出基準は窒素酸化物として基準値が決められている。
窒素酸化物は、光化学オキシダントの原因物質であり、硫黄酸化物と同様に酸性雨の原因にもなっている。また、一酸化二窒素(亜酸化窒素)は、温室効果ガスのひとつである
posted by sevenpaprica at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。