2013年06月27日

ロハス建材   評判   口コミ

固体または液体の微粒子が、気体中に比較的安定して浮遊し存在している状態をエアロゾルという。
大気中のエアロゾルには、海水の飛沫からなる海塩粒子や土壌粒子のような自然起源のものから、石炭燃焼で生じるフライアッシュなどの人為起源の一次粒子がある。さらに、SO2が硫酸となって水と結合したもの、硫酸や硝酸がアンモニアと反応したもの、炭化水素が大気中で酸化されて酸になったもの(光化学エアロゾル)など、大気中で生成される二次粒子と呼ばれるものもある
posted by sevenpaprica at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367641090

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。