2013年07月14日

積乱雲

現象には何事もメカニズムが存在します。 未だに解明されていないものもあれば、研究の結果メカニズムが解明されているものもあります。それではゲリラ豪雨はどちらかというと、答えは後者です。ゲリラ豪雨とは発生するメカニズムがはっきりと解明されている現象です。そうなるとゲリラ豪雨が発生するメカニズムに興味がわきますよね。そこで今回はゲリラ豪雨が何故発生するのか、そのメカニズムを見ていきましょう。まずゲリラ豪雨を知る上で、「積乱雲」という言葉を覚えておきましょう。 地表近くの暖かい空気が上昇し、上空に存在する冷えた空気とぶつかると、大気の動きが乱れてしまいます。この乱れを整えるために、上下の空気が混じりあい「対流」を生みます。もしこの空気が湿ったものであった場合、上空に行くに従い気温が下がっていき、凝結することで一つの雲になります。この凝結した雲を「積乱雲」と呼びます
posted by sevenpaprica at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369246454

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。