2013年08月29日

台風のほとんどは、前線の影響が加わっての被害です

暖かく湿った空気が、南の海上から台風に流れ込んでいるので、前線が日本付近に停滞していると、湿った空気がさらに前線の活動を活発化させることがあります。
これによって大雨が発生します。
雨によって大きな被害を与えた台風のほとんどは、前線の影響が加わっての被害です
posted by sevenpaprica at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。