2013年08月29日

総降水量600ミリから1000ミリの豪雨を降らせました

和歌山県南部に上陸した台風第19号のケースでは、西日本の太平洋側に総降水量600ミリから1000ミリの豪雨を降らせました。
また、昭和51年に九州に上陸した台風第17号のケースはどうでしょうか?
台風が南の海上にあったころから、ずっと西日本に停滞していた前線の活動がさらに活発になったために豪雨の被害が起きました。
posted by sevenpaprica at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373327702

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。