2013年09月26日

ロハス建材 

窒素の酸化物で赤褐色の気体。分子量46.01、融点-9.3℃、沸点21.3℃。代表的な『大気汚染物質』である。
発生源はボイラーなどの『固定発生源』や自動車などの『移動発生源』のような燃焼過程、硝酸製造等の工程などがある。
燃焼過程からはほとんどが一酸化窒素として排出され、大気中で二酸化窒素に酸化される。
また、生物活動に由来する自然発生がある。地球規模では二酸化窒素のほとんどが生物活動から発生している。
人の健康影響については、二酸化窒素濃度とせき・たんの有症率との関連や、高濃度では急性呼吸器疾罹患率の増加などが知られている。このため二酸化窒素環境基準は「1日平均値が0.04〜0.06ppmの範囲内またはそれ以下であること、またゾーン内にある地域については原則として現状程度の水準を維持しまたはこれを大きく上回らないこと」としている
posted by sevenpaprica at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。