2014年02月10日

ロハス建材

伐採後に切り株や根から新しい芽(これを「萌芽」もしくは「ひこばえ」と呼ぶ。)が伸びてきて、成立した森林。
このような樹木の性質を利用して伐採後に森林を造成する手法を萌芽更新という。萌芽更新は10〜20年で伐採する薪炭林に適している。クヌギ、コナラ、シデ類、シイ・カシ類などは萌芽更新が容易な樹種である。造林の費用が要らず、更新期間が短く、土中の太い根茎が枯死することが少ないため土地が荒れないが、更新を繰り返すことで萌芽の出やすい樹種ばかりになる
posted by sevenpaprica at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。